RSS
  • カテゴリー名:世界地図

    世界地図から学ぼう!考えよう!【無料】


    今回ご紹介するのは世界地図です。

    小学校、中学校の時には地図帳で世界を見る、なんてことをしましたよね。
    でも、学校を出てしまうとなかなか世界地図を見なくなってしまいます。先日、世界地図のポスターをもらったので色々と見てみました。
    じっくり世界地図を見てみたら、「へぇ。この国ってこんなところにあったんだぁ。」などと新しい発見ができました。
    世界地図を広げてみると、世界にはいろんな国があって、たくさんの人たちがいるんだということを再認識させられます。

    でも、そのたくさんの人たちの中に幸せな人もいれば、傷ついて苦しんでいる人もいる。
    自分は平和に暮らしているけれど、もしかしたらどこかでその人たちとつながっているかもしれない。
    そして、自分が起こした行動がその人たちに直接的でないにしても何らかの影響をあたえているかもしれない。
    そんなことをぼんやりと考えてしまいました。

    世界地図

    世界地図

    話は少しずれますが、皆さんは5月8日が「世界赤十字デー」というのをご存じでしょうか?
    赤十字の創設者アンリ・デュナンの誕生日がこの日なのだそうで、毎年、世界各地で催しが開催されています。

    アンリ・デュナンは、戦争で何万人もの死傷者があふれかえる悲惨な光景を目の当たりにし、教会で救護活動を行いました。後に、その経験と記憶から、傷病兵の救護や国際的な救護組織の必要性などを訴え、それが大きな反響を呼び赤十字が誕生したそうです。
    災害、戦争、貧困などで傷ついた人々を救う活動を世界各国で行っている赤十字ですが、そのネットワークは180カ国以上にもなります。

    赤十字といえば、日本では、東日本大震災の時に先陣を切って被災者の救護活動や支援活動を行っていたことが記憶に新しくもありますよね。

    自らが経験したことのないことに関しては人は無関心になりやすいもので、時が経つにつれ記憶も薄れていってしまいがちです。
    でも、傷ついた人がいること、今でも苦しんでいる人がいることを忘れてはいけませんし、認識をしなければいけませんよね。
    自分には関係ないと思うこともできるでしょうが、思わぬところでつながりは存在するものです。
    それは、日本国内だけではなく、世界にもつながっているはず。
    普段目に見えないつながりでも、自分の行動でそのつながりの中の誰かが幸せになってくれたら、と思います。

    ◆ 「世界地図」 PNG クリップアート ◆

    【サイズ(ピクセル)】1772×1173px
    【ファイルサイズ】843KB

    ※地図データ提供元 :白地図、世界地図、日本地図が無料【白地図専門店】
    上記より提供いただきました地図データを、PNG、EMF形式に変換して提供しています

    対応アプリケーション: イラスト(PNG)/
おすすめの記事