RSS
  • カテゴリー名:自然・風景

    神様に五穀豊穣の感謝を-たわわに実った稲穂の写真


    今日10月17日は皇室が執り行う宮中行事である、神嘗祭(かんなめさい)の日です。
    天皇がその年の五穀豊穣、つまり豊作を感謝し、
    初穂を天照大御神(あまてらすおおみかみ)に奉納する儀式です。
    宮中と、伊勢神宮でも行われます(伊勢神宮では10月15日から17日)。
    その昔1947年頃までは祝日だったみたいですよ。

    電車の車窓や、移動中など景色を見渡してみると、
    いつの間にか田んぼは小金色に色づいています。
    少し前までは青々としていたと思ったのに、季節が過ぎるのは早いものです。

    五穀豊穣と言えば、テンプレートBANKにもピッタリな素材があります。
    たわわに実った稲穂が朝露を浴びて輝いている写真です。
    自然が形つくる造型はとても美しいですね。

    最後に格言をひとつ。

    実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな

    人格の高い人ほど、物腰や態度がより謙虚である様を
    稲穂になぞらえて言ったものです。
    誰が語った格言なのでしょうね、まったくその通りに感じます。

    たわわに実った稲穂の写真

    たわわに実った稲穂の写真

    ◆ たわわに実った稲穂の写真 ◆

    【サイズ(ピクセル)】 4093×2729px
    【ファイルサイズ】 2013 KB
    【フォトグラファー】 よこ☆

    参考
    宮中の主要祭儀
    伊勢神宮(公式) 神嘗祭お知らせ

    対応アプリケーション: JPEG/

    関連記事

    タグ: JPEG 写真 有料
おすすめの記事